FC2ブログ
~横濱の寫眞、そうぢゃない寫眞~
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 花と器のハーモニー 2009 ☆イギリス館☆
2009年07月25日 (土) | 編集 |
花と器のハーモニー 2009のご案内も今日で最終回。
最終回を飾るのはイギリス館。
94429.jpg
実は一番最初にここに来たんですけど・・・器よりも花をメインに撮影しようと思って
来ていたので器があんまり写っていません

コーディネーターはエストニア出身のカトリン・ペダル・平井さん。
テーマは「友人との語らい」。
母国であるエストニアの詩に倣った、友人と草原を歩きながら心地よい風や
草花の香りを感じ、街へ戻っても心はまだその草原にいるような雰囲気を
感じ取る空間だそうです。
小国ゆえに多くの国に占領されてきたエストニアなので、派手なものは
好まない文化を感じとってください、とのこと。

94425.jpg
二階へと続く階段の踊り場にある窓のアレンジメント。
小さな黄色い蘭が可愛らしい

階段を昇りきった場所に飾られていた花。
94424.jpg

寝室のベッドの足下には、まぁるく飾られた花たち。
94423.jpg
実は6つの銀色のカップに活けてあります。

94420.jpg

    室内の窓辺のオブジェ。
    94419.jpg

             94418.jpg
             こちらもよくよく見るとベースは松ぼっくり。

寝室と連結している空間、休憩室。
94417.jpg

イギリス館に入った時からず~っと花の良い香りがしていました。
その正体は、ダイニングにありました。
94414.jpg

     お隣の席とのパーテーションも素敵。
     94413.jpg
     細いテグスを張り、そこに植物を挿み留めています。
     河原や草原にありそうなごくありふれた植物なんだけど、とても素敵。

     94412.jpg



 94411.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。